チャリティに参加しながら、自分を育て良い出会いに恵まれる

友達 欲しい

世のため人のためになりたいと思っている素敵な女性は、チャリティに参加しています。災害地のチャリティだけではなく、難病の子供達を支えるもの、環境や自然保護、子供の教育推進など、このご時勢沢山のチャリティが存在するので、自分として共感を持てるものを選んでみてください。

 

 

チャリティの作業中は忙しくしてあんまり会話する時間はないかもしれませんが、休憩時間やチャリティの後、その日の感想や反省などを語り合う時間があります。「役に立ちたい」という共有の目的で参加しているので、比較的心の開いた会話ができると思います。そんな時、あまり自分の話だけに没頭せず他の人の話をしっかりと聞くことが大切です。

 

 

誰かの言ったことをあれこれ評論するのはご法度で、自分の意見と違う人がいたら「こういう考え方をする人もいるのだな」と心の中で思うに留めましょう。共感できる人に出会えたら、即答ではなくちょっと時間をあけてから、その人だけに自分も同感であると伝えるのがよいでしょう。

 

 

素敵な女性に出会えたら、「他にもチャリティ活動に参加しているのですか」と聞いてみるときっといろいろ話してくれると思います。時間が限られている時には、「先程伺ったチャリティのこと、もう少し教えて欲しいのですが連絡してもいいですか。僕も参加してみたいと思いました」と打診してみましょう。

 

 

女友達との関係性は、ゆっくり大切に育てた方が良い結果に繋がると思います。チャリティは人の善意に基づくものですので、自分の成長も兼ねて経験していただければと思います。